TOP > 神前式とは

神前式とは

神前式が選ばれる理由

神前式の歴史

神前式の歴史

今日のような神前式が始まったのは、明治33年に大正天皇のご成婚を記念して日比谷大神宮で行った結婚式からと言われています。結婚式の源流はというと、もっと古く室町時代の武家の結婚式までさかのぼります。室町時代には陰と陽の二つの式で構成されており、まず陰の式では花嫁は花婿の家へ行き、そこで合杯の礼をしました。式に参列するのは花嫁とその付添人、花婿、式をつかさどる人だけで、花嫁は白無地の着物を着用。三日後の陽の式では一転して色物のあでやかな姿で式に臨み、そのあと親族固めの杯を交して式は終わるというもでした 。

儀式の流れ-式次第-

参進
参進
手水(てみず・ちょうず)でお清めした後、雅楽の調べと共に、新郎新婦、両家両親、親族の順に並び、本殿へと向かいます。 新郎は紋付袴、新婦は白無垢や振袖といった和装を身に纏い、赤い毛氈(もうせん)を進む花嫁行列。結婚式にふさわしい厳かな雰囲気です。
修祓
修祓
修祓とは、罪穢れを祓い心身を清めること。神職が祓詞(はらいことば)を奏上した後、大麻で新郎様・新婦様、ご参列の皆様の穢れを祓います。
献饌
献饌
献饌とは、神に感謝し、供え物を神前に供えること。事前に行う場合もあり、省略されることもあります。
祝詞奏上
祝詞奏上
神職がふたりの結婚を神に奉告し、加護を祈ります。
誓詞奏上
誓詞奏上
新郎新婦が神前に進み、誓いの言葉である誓詞を奏上します。
三献の儀
三献の儀
新郎新婦が、三つの盃で御神酒を交わし、夫婦の契りを結びます。三回に分けて三杯の御神酒を飲むことから「三々九度」と言います。
玉串奉奠
玉串奉奠
「玉串」とは、榊の枝に紙垂(しで)をつけたもの。神様と人の心をつなぐ橋渡し役とも言われております。巫子から受け取った玉串の根元を神前に向けて供え、二拝・二拍手・一拝します。
指輪交換の儀
指輪交換の儀
新郎様から新婦様、新婦様から新郎様の順に、結婚指輪を互いの左手薬指にはめ合います。
巫女舞奉奏儀
巫女舞奉奏
演奏に合わせて、巫女がお祝いの舞を奉奏。新郎新婦、ご参列者一同に福をお授けします。(神社によっては省略されることもあります)
親族固めの盃
親族固めの盃
ご親族の皆様の前に用意された盃に、巫子がお神酒を注ぎます。全員が起立し、そのお神酒を飲み干すことで、両家が親族の契りを交わした証となります。
集合写真
集合写真
神前に拝礼。無事結婚式を執り納めます。その後、神殿を背景に親族の皆様と記念の集合写真等をお撮り致します。
各種お問合せ承っております
会場一覧マップ
ページトップに戻る