TOP > 神前式とは > 衣装について

神前式とは

白無垢
白無垢
白無垢(しろむく)とは、神前挙式の場合に着る白い花嫁衣裳。打掛、掛下(打掛の下に着る着物)、帯、足袋、小物など、全てを白一色で揃え、 角隠しまたは綿帽子を被ります。挙式で白無垢、披露宴で色打掛けに掛け替えるのは「嫁ぎ先の家風に染まる」という意味合いを持ちます。古来日本では、白は太陽の光の色と考えられ、神聖な色とされており、平安朝以来、花嫁衣裳に純白が貴ばれるようになりました。室町時代に、足利幕府により礼道教育が始まり、小笠原流、伊勢流などの礼道が確立。婚礼の法式や衣裳が定められます。幸菱文様(小花で型どった菱形の幾何学的な文様)の表着に白打掛が着用され、これが白無垢の起源となります。その後、外出の際に小袖を頭から被く(かづく)ようになり、この習慣が婚礼のしきたりにも定められ、白の小袖を被くようになる。これが次第に江戸時代の綿帽子、今の角隠しへと変容していきました。
色打掛
色打掛
内側に着用する着物より一回り長めの丈に仕立てられ、すそには「ふき」といわれる綿をいれて厚みを出した部分があります。裾周りに厚みの有る部分を作ることで足に衣装がまとわりつくのを防止する目的があ ります。また「ふき」を特に厚く仕立てることで、強化遠近法の応用で実際よりも身長を高く見せる効果もあり、刺繍や絞りのほか摺箔、縫箔などをあしらって、衣装全体に絵画を描くように模様をあしらった日本の伝統技法の粋を極めた日本を代表するお着物の一つです。
引き振袖
引き振袖
おはしょりを作らず、裾を引くようにして振袖を着ます。「お引きずり」とも言われる衣装です。黒地に華やかな模様を施した黒引き振袖が、気品のある雰囲気で特に人気があります。未婚女性の正礼装である振袖を着る機会は結婚式が最後となることもあり、引き振袖を婚礼衣装として選ぶ花嫁も多いようです。

新郎の衣装

新郎の衣装

神前式で用いるご新郎様の御衣裳、紋付羽織袴(もんつきはおりはかま)とは、現代男性の和装第一礼装です。結納や結婚式、式典などで用いられる正装。紋付と省略されたり、紋服とも呼ばれております。

神前式が選ばれる理由
各種お問合せ承っております
会場一覧マップ
ページトップに戻る